お金

クレジットカードを還元率で比較するときに注意すべき6つのポイントとは?

クレジットカードの還元率を比較する際には、注意すべき6つのポイントについて、ファイナンシャルプランナーの特命係長が解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

注意すべき6つの点は次の点です。

ポイントやマイルの有効期限

クレジットカードのポイントやマイルは有効期限があることがあります。比較する際には、これらの有効期限を確認し、どれだけ長く利用できるかを考慮する必要があります。

ポイントの使い道

還元率だけでなく、ポイントやマイルの使い道も比較対象とするべきです。一部のクレジットカードは特定の商品やサービスに対する優れた交換レートを提供しますが、他のカードでは限定的な使い道しかないことがあります。

対象となる支払い

カードの還元率はカテゴリーによって異なることがあります。自身の支出パターンに合ったクレジットカードを選ぶために、特定のカテゴリーやショップでの還元率を確認することが大切です。

年会費

還元率だけでなく、クレジットカードの年会費も考慮するべきです。高い還元率を提供しているカードでも、年会費が高額であれば、実際の利益は減少してしまいますからね。

特典や保険

カードにはさまざまな特典や保険が付随していることがあります。これらも比較対象とし、自身の利用ニーズに合った特典や保険が付いているか確認することが重要です。

個人的には不正利用に対する補償やショッピング保険が付帯されているカードが安心!

キャッシュバックの形態

キャッシュバックの形態にも注意が必要です。一部のクレジットカードは、キャッシュバックを口座に振り込む形式で提供しますが、他のカードはクレジットカード請求額から差し引く形式となっていることがあります。

最近では、三井住友カードのようにVポイントをTポイントとして使えるというのもあります。これはこれでなかなか便利ですよね。いずれにしても自分にとって都合の良い形態を選ぶことが重要です。

そのように使い勝手の良いポイントと交換できるクレジットカードをいくつかご紹介します。

MUJIカード

(画像は無印良品公式サイトより引用)

MUJIカードは無印良品ファンなら持たないと損!なカードといえます。特に、VISAならば年会費永年無料ですし「永久不滅ポイント」が貯まります。

また、継続利用特典として、MUJIショッピングポイントが年2回付与されます。 (500ポイント×2回

さらに、お誕生月にもMUJIショッピングポイントが500ポイントもらえます。つまり年に3回500ポイントがもらえるというわけ。

最初に設定をしてしまえば、その後は自動で無印良品のアプリに表示されるので、 特別な操作もいらず簡単にポイントが使えます。 貯まった永久不滅ポイントは国内の無印良品各店舗で使えるMUJIショッピングポイントに交換できます。 通常は200ポイント(1000円分)のところ、MUJIショッピングポイント1200ポイントに交換出来るのでお得です。

MUJIカードのお申し込みはコチラ↓

三井住友カード

(画像は三井住友カード公式サイトより引用)

交換可能ポイント:Apple pay・Google Pay・キャッシュバック(クレジットの支払いに充当)・SBI証券の投資信託買付・ギフトカード・ANAマイル

楽天カード

(画像は楽天カード公式サイトより引用)

交換可能ポイント:楽天ポイント・ANAマイル・JALマイル

JCBカードW

(画像はJCBカード公式サイトより引用)

交換可能ポイント:楽天ポイント・PONTAポイント・dポイント・ANAマイル・JALマイル

au PAYカード

(画像はauPAYカード公式サイトより引用)

交換可能ポイント:PONTAポイント

まとめ

いかがでしょうか? これら6つの点をよく考慮して、自分のライフスタイルや支出パターンに合ったクレジットカードを選びましょう。

-お金