通常、自動車保険に特約で付けることができる「弁護士費用特約」ですが、ある保険会社のある自動車保険に付けられる「弁護士費用特約」は、なんと自動車事故だけじゃなく、日常生活で起きる様々な問題や事件、事故においても使うことができるということで非常に「優れもの」なんです。

その「ある保険会社のある自動車保険」とは?




それは、東京海上日動火災保険株式会社の「超保険」です。超保険についての詳しい説明は東京海上日動のサイトに譲るとして(1円ももらってないから笑)、どこが優れているのかを簡単に説明します。

弁護士費用特約についてはこちらの記事ですでに説明しました。でも大抵は交通事故の時にしか使えませんよね。ですが、超保険に付けることができる弁護士費用特約は違うんです。まさに日常生活における様々な事故の場合にも、弁護士さんに相談したり、場合によっては示談してもらったり、あるいは裁判に、という場合でも使えるんです。

超保険の約款には下記のように記載されています。

交通事故だけでなく日常生活で損害賠償請求したいときなど、弁護士や司法書士、行政書士に相談したり、書類を作成してもらうための料金もこの保険から出してもらえるというのは大きいと思います。

ちなみに、この弁護士費用特約を使っても翌年度の保険料を決める等級はダウンしませんのでご安心ください。(実際にご使用される場合には保険会社か保険代理店にご確認ください。約款は定期的に見直しされているからです。)

東京海上日動火災保険の超保険約款はこちらです。
 → http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/sogo/cho-hoken/covenant/index.html

日常生活に対応できる弁護士費用補償「弁護のちから」ー損保ジャパン日本興亜

東京海上日動の超保険に特約で付帯できる弁護士費用特約と似ているものの、もっと補償範囲が広い「弁護士費用保険」もあります。

それが、損保ジャパン日本興亜の「弁護のちから」です。

前述の東京海上日動社の超保険の弁護士費用特約、これはあくまでも法律上の損害賠償責任を負ったときに使える補償です。ですから、損害賠償とは関係のない日常生活のいざこざなどでは使うことができません。

ところが損保ジャパン日本興亜の「弁護のちから」は、下記のようなケースでも使うことができるようです。

日常生活で使える弁護士費用

  • 被害事故
  • 人格権侵害
  • 借地・借家
  • 遺産分割調停
  • 離婚調停

それらの事件において、弁護士に相談する費用や弁護士に委任した場合の費用を補償できるというものです。

どんな場合には保険を使えないのか?

ただし、この「弁護のちから」、保険ですから万能ではありません。次のようなケースでは保険を使うことができないようです。

  • 医療ミスによる被害事故に関するトラブル
  • 騒音・振動・悪臭・日照不足による被害事故または人格権侵害に関するトラブル
  • 借金の利息の過払金請求に関するトラブル
  • 職務遂行におけるトラブル

それでも、こんなに頼れる補償内容で、月額1,000円程というから驚きです。