免許の更新

高齢者の免許の更新方法は、それ以外の方の場合とはちょっと異なります。

この記事では、70歳以上と75歳以上に分けて説明します。

70歳以上の方の運転免許の更新手続き

運転免許証の更新期間満了の日の年齢が70歳以上の方が、運転免許の更新を希望する場合、次の講習を受講しなければなりません。

  • 高齢者講習
  • シニア運転者講習
  • チャレンジ講習

上記のいずれかにプラスして、特定任意運転者講習(簡易講習)の受講が必要です。

加齢により身体能力が低下するため、自動車の運転に影響を及ぼす可能性があるため実施している講習です。



講習の内容

  • 講義
  • 運転適性診断、夜間視力、動体視力検査等
  • 実車運転と運転指導

いずれの講習も約1時間です。最後の「実車運転と運転指導」は、小型特殊のみの運転免許の場合は不要です。

受講期間

これらの講習は受講期間が下記のとおり定められています。

・運転免許証更新時の誕生日5か月前から誕生日の1か月後までの6か月間

たとえば、6月3日が誕生日の方は、その5か月前の1月3日から7月3日までの6か月間ということになります。

※免許証の更新の期間とは異なりますのでご注意ください。運転免許証の更新は誕生日の2か月前から誕生日の1か月後までです。

必要なもの

下記のものが必要です。

  • 運転免許証
  • 高齢者講習のお知らせハガキ(5ヶ月前までに送付されます)
  • 筆記用具
  • 眼鏡、補聴器等(必要な方)
  • ヘルメット(原付・二輪免許の方)

実技講習がありますので、運転しやすい服装をしていく必要があります。

受講手数料

70歳以上〜75歳未満  5,600円

75歳以上  5,850円(5,200円+講習予備検査650円)

※いずれも小型特殊免許のみの方は2,250円。(ただし、75歳以上の方は、講習予備検査として別途650円)

講習場所

・高齢者講習のお知らせハガキに記載されている指定自動車教習所等(事前に要電話予約)。

※この講習を修了すると、「高齢者講習終了証明書」が発行されます。「高齢者講習終了証明書」は運転免許証更新時に必要となります。

チャレンジ講習

これは、加齢に伴って生ずる身体の機能の低下が、自動車などの運転に著しい影響を及ぼしているかどうかについての確認を行う講習です。

75歳以上の人は、事前に講習予備検査を受検し、その結果が「記憶力・判断力に心配ありません。」と判定された人しか受講できません。

チャレンジ講習に合格した後、簡易講習を受講する必要があります。

年齢70歳以上75歳未満の人
受講期間:簡易講習受講日の6か月前から【75歳以上の人は、更新期間満了日の6か月前から(事前に講習予備検査を受検しなければならないため)】
実施場所:高齢者講習を実施している自動車教習所
手数料:2,650円(不合格の場合、受講するたびに手数料が必要)
講習時間:30分
講習内容:指導員による模範走行後、教習所のコース及び車両を使用して、一人10分程度の交差点右左折、S字、クランク、方向変換などのコース走行及びスラローム走行を実施し採点する。
採点方法:減点方式をとり、100点満点中、70点以上で合格。合格すると、「チャレンジ講習受講結果確認書」が交付され、交付後6か月以内に「簡易講習」を受講することができる。

特定任意運転者講習(簡易講習)

チャレンジ講習受講結果確認書の交付を受けた人は「特定任意運転者講習(簡易講習)」を受講することによって高齢者講習が免除されます。