交通事故で、過失割合は一体誰が決めるのでしょうか?

事故当事者の双方が任意保険に加入している場合、大抵は保険会社同士が話し合って決めることになっています。(双方に過失がある事故の場合)

とはいっても、自動車を、運転していた人の意向ももちろん考慮に入れられます。事故の状況を最もよく知っているのは、運転していた当事者たちであることは、間違いありません。(だからと言ってその主張が常に正しいとは限りません。人は自分に有利な証言はしますが、不利になりそうだと感じる場合、嘘を付く、あるいは認めようとしないからです。) しかし、その当事者たちの間で意見の食い違いがあった場合には過失割合を決めることはなかなか難しくなります。

たとえば、信号無視の場合。双方が「自分のほうが青だった」と主張するならどうなるでしょうか? 証人がいるとかドライブレコーダーの記録があるならそれは保険会社同士の交渉において有利になります。

問題は、自分が無過失、つまり「自分はまったく悪くない」というケースや、相手の側が(あるいは自分が)任意保険に加入していないという場合です。

その場合、過失割合は誰が決めるのか? たとえば次のケース。

・自分が無過失で相手が任意保険に加入している場合・・・この場合は、事故当事者である自分(あなたです)と相手の任意保険の事故担当者が交渉。

・自分が無過失で相手が任意保険に加入していない場合・・・この場合は、事故当事者である自分(あなたです)と相手本人。

せっかく高いお金を出して任意保険に入っているのに、上記のケースでは自分が加入している保険会社は相手と過失について交渉することができないのです。ところがこのことは意外と知られていません。どんな事故でも保険会社同士で交渉してくれると思っている方が非常に多いのです。

上記のようなケースで役立つのが「弁護士費用特約」です。今の時代、絶対に入るべき特約の一つと言えそうですね。(→弁護士費用特約