自分が自転車に乗っていて、他の人や他の自転車にぶつかって、相手にケガをさせてしまったらどうしたらよいのでしょうか。

最近は、そのような自転車の事故が増えているようです。実際、自転車が加害者になってしまって、被害者からの損害賠償を請求されるというケースは少なくありません。そのような場合にも保険に入っていれば、「損害賠償」という点では安心です。

もし、自動車保険に入っているのであれば、その自動車保険に「個人賠償責任特約」という特約を付けておきましょう。もし自動車を持っておらず自転車にしか乗ってないという場合でしたら、単独で「個人賠償責任保険」という保険がありますので、それに加入しておくと良いと思います。

「個人賠償責任保険」は、自転車での加害事故だけではなく、スキーやスノーボード、子供が遊んでいて他の子供にケガをさせてしまった・・・など、日常生活で生じた損害賠償責任を担保します。もちろんこれに入っていれば、すべての責任を果たしたということではありませんが、少なくとも金銭的な面での責任を果たすことはできます。

最近では、自動車事故の場合と同様に示談交渉サービスが付いている場合もあります。年間保険料も1500円ほどですので、一家に一件ぜひ加入しておくことをお勧めいたします。