自分の家や車庫にぶつけてしまった! そんなときに使える自動車保険はあるの?

一般的な答えは「ありません!」です。ネット上で探してみてもなかなか見つかりません。大抵は「自分の家や自分が使っている車庫の補償は、自分の自動車保険ではダメです」と書かれているに違いありません。ところが・・・。

日本興亜の自動車保険「カーBOX」に付けることのできる特約で「財物損害補償特約」という特約があります。これは意外と使える特約です。その補償内容はというと、日本興亜のホームページにはこう説明されています。

「偶然な事故により、ご契約のお車に積載中の個人所有の動産に損害が生じた場合またはご契約のお車の衝突・接触により、お客様のご自宅・車庫などに損害が生じた場合に保険金をお支払いします。」

つまり、自分が運転する車で、自分の家や車庫にぶつけてしまったというときに使える特約ということです。「ん?でもその場合は”対物賠償保険”で直せるのでは?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。確かにぶつけた相手は、家や車庫という「物」なのですが、「対物賠償」はあくまでも他人の物を賠償(弁償)するための保険です。ですから、自分の家や自分の車庫に関しては「対物賠償」からは補償されないのです。

これまでの自動車保険では、そこが補償のない「穴」になっていました。でも、実は意外と多いそうです、自分の家や車庫にぶつけるケース。この特約は「日常生活賠償責任補償特約」ほどではないにしても、結構使える特約ですので、予算に余裕のある方は加入しておくとよいでしょう。

2017年2月1日追記:日本興亜社は損保ジャパン社と合併し、「損保ジャパン日本興亜」となり、上記の補償は現在ありません。