自分のケガの補償で搭乗者傷害以外で保険金が出るのは「人身傷害保険」です。人身傷害からは次のものが出ます。治療費・休業損害・慰謝料の3つです。もちろんこれは大別した場合です。細かく説明すると、まだいろいろと出ます。ちょっとあげてみますね。

まず、治療費に含まれるですが、その中には実際に治療にかかった費用だけでなく、看護料も含まれます。これは何かといいますと、例えば入院したのが12歳以下の子供だったとします。その場合、その子はまだ親の世話が必要というわけで、もし親などの近親者が付き添った場合に1日につき4,100円が支払われます。

また入院した場合には、入院中の諸雑費として一日1,100円が出ます。入院しますと目に見えない様々な諸雑費がかかりますよね。それをいちいち計算して出すのは大変なので、まとめて1日1,100円で出してくれるんです。それで足りないとしても1,100円しか出ません。

その他、診断書などの費用も出ます。

これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」