相手が任意保険に入っていなかった場合はどうなるのでしょうか。

もしその状況で自分がケガをしたのであれば、相手の自賠責保険を使って「被害者請求」ができます。もちろん、相手に直接請求することもできますし、本来はそうやって請求すべきでしょう。でも相手が全然動いてくれなかったなら? それは十分考えられることです。そのために「被害者請求」という制度があるのです。自賠責保険というのはもともとが被害者保護のために設けられた制度です。手続きが面倒かもしれませんが、相手が動かなかった場合には活用しましょう。

ただし、自賠責保険は「物損」、つまり被害者の自動車や自転車などの物が損害を受けた場合には補償されず、あくまでも人間のケガに対する補償です。(しかし、義足や眼鏡は自賠責からも補償されることがあります。)


これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」