最近の自動車保険にはたいてい「弁護士費用特約」というものが付いています。

この特約は、どんなときに役立つのか?

たとえば、交通事故の被害者になったのだが、相手が保険に入っていなかったため裁判を起こしたいという時。また、相手の主張と自分の主張が食い違ってらちが開かない、そこで裁判を起こしたいという時、などです。

たとえば、信号待ちで停車中に追突される等、 補償を受けられる方に責任が全くない 「もらい事故」は、保険会社が示談交渉 することはできません。 つまり、ご自身で交渉することになります。 「もらい事故」は自動車保険の賠償事故のうち、約3件に1件の割合 * で発生し、全国で年間約200万人以上の方 * が「もらい事故」にあっているんです。あなたは自分で交渉できますか? 仕事も休まなければならないかもしれません。そんなときにこの弁護士費用特約が役に立ちます。

でも、裁判の時だけではありません。単なる交渉の時にも使うことが出来ます。たとえば、自分の過失がゼロ(無過失)で相手が100%悪いにも関わらず、損害の賠償をしてくれない時です。自分の過失がゼロの時というのは、実は自分が入っている保険会社は相手と交渉することができないんです。なのでそんなときに弁護士費用特約を使って、相手と交渉してもらうことができます。もちろん、自分が入っている保険会社に事前に承諾を得る必要があります。

この弁護士費用特約は、交渉してもらう時だけではなく、法律相談費用が含まれている場合もあります。(保険会社により異なりますので、詳しくはご自分の保険約款をご確認ください)

これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」