対物超過修理費用特約について説明します。

通常、損害賠償は時価額を賠償すれば良いことになっています。なので、たとえば自分に100%の過失がある場合で相手の損害額(修理額)が50万円だったとします。ですが、古い車なので時価額が20万円しかない場合、通常はいくら修理費が50万円でも実際に保険から賠償されるのは20万円になります。

しかし、もしこの「対物超過修理費用特約」が付いていれば、時価額に関係なく50万円が相手に支払われます。ただし通常この特約は「修理する場合に限って」という条件が付いています。

それであってもこの特約は示談を円滑に進める上で非常に良い特約だと思います。保険料も月々数十円で非常に安い特約ですので、ぜひ付けておくことをお勧めします。