地震保険の支払われ方

地震保険の保険金って、どんなふうに支払われるか知ってますか?

地震保険の支払われ方を知るために、まずはもっと一般的な保険である自動車保険や火災保険の保険金の支払われ方を簡単に説明します。

一般的には、自動車保険や火災保険などのいわゆる「物保険(モノホケン)」の場合、保険の対象となっている物の修理代を保険金として受け取ることができます。もしそれが「全損」であるならば、購入時の価額から減価償却分を差し引いた額を受け取ることができます(保険加入時にその「モノ」の価値をあらかじめいくらと協定していた場合は、保険金額全額を受け取ることができます)。

つまり、自動車保険や火災保険の場合、修理の見積もりなどが必要となるわけです。「全損」というのは、保険金額よりも修理代のほうが高い場合を指します。だから全損であっても修理の見積もりが必要となります(ひと目見て明らかに修理代が保険金額を超える場合を除きます)。

さて、ここからが本題です。地震保険の場合は、上記のような自動車保険や火災保険とは違う支払い方法となります。まず、修理の見積もりは不要です。なので、例えば、地震によってテレビが倒れて「画面が割れてしまった!」という場合でもテレビの修理見積もりは不要ということです。地震保険では、テレビの修理代が出るわけではありません。



テレビの修理はどうなるのか?

まず覚えておきたいのは、地震保険で受け取れる保険金は「修理代ではない」ということです。簡単にいうと、建物(または家財)が地震によってどれほど損害を受けたのかを立会調査によって調べ、その割合が3%以上であった場合に保険金を受け取れるというものです。

しかも保険金の金額は、掛けている保険金額の○%と決まっています。
たとえば、「一部損(いちぶそん)」となった場合の保険金は、保険金額の5%です。

例を挙げますと、地震保険金額が1000万円で損害が3%の場合、1000万円✕5%=50万円となり、50万円を受け取れるというわけです。
どれだけの損害で、いくら受け取れるのかは地震保険の約款で公表されています。ここでの説明は省きますが、地震保険の支払われ方は3段階、または4段階しかありません。

2016年12月までに保険期間が始まった場合は3段階で、2017年1月以降に保険期間が始まった場合は4段階となります。
詳しくはこちらの約款をご覧ください。
→ http://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/kinsurance/yakkan/jishin1701_yakkan.pdf

分譲マンションに住んでおり、専有部分の所有者の方は要注意!

分譲マンションの場合、たいていは管理組合があります。そしてその管理組合が契約者となって、火災保険や地震保険を契約しています。補償の目的となっているのはマンションの共有部分です(専有部分は、それぞれの所有者が掛けていますよね)。

で、もし、管理組合が加入している地震保険が、上で説明している「一部損」と認定されたとしましょう。その場合、「一部損」という認定は、じつは専有部分にも適用されます。つまり、あなたが所有している専有部分(つまり部屋)にひびなどの損害が何もなくても、「一部損」として保険金を受け取れるということです。

その場合に受け取れる金額は、あなたが掛けている地震保険金額の5%です。もしあなたが専有部分に1000万円の地震保険を掛けているとしたら、その5%である50万円を受け取ることができるということです。言うまでもなく、専有部分の所有者であるあなたが地震保険に加入していなければ、受け取ることはできませんよ。

ですので、「自分の部屋は全然損害がないから」と言って保険会社に連絡せずにいると、受け取れるはずの保険金を損してしまう可能性があるんです。十分ご注意ください。