保険が出ない!?

ナニ!?保険が出ない!?

これは一大事です。保険を使えると思っていたものの、事故報告をして、担当者からの「このご契約内容では保険はお使いいただけません」と言われたときのショックは本当に大きいです。

では、どんなときに保険を使うことができない、つまり保険金が出ないのでしょうか?



保険金が出ない場合

これ、実は一言では説明できません(汗)

なぜなら、保険の種目、補償の種類ごとに異なるからです。どんなときに保険金が出ないかについては、保険会社から送られてくる「約款」、もしくは「ご契約のしおり」にはっきりと書かれています。「約款」は、今の時代、ほとんどの保険についてネットで確認することができます。

ただ、この「約款」、一般の方、つまり保険業界にいない方が見ただけでは、わかりにくいんです。とにかくわかりにくい。もっとはっきり言うと、保険業界にいても理解できないような文章で書かれていることもあります。

それで、もし、「どんなときに保険金が出ないか」については、「重要事項説明書」だけでも十分に事が足りるかと思います。

たとえば、私が加入しているセゾン自動車火災保険株式会社の「おとなの自動車保険」の重要事項説明書は下記のURLで見ることができます。
 → http://www.ins-saison.co.jp/otona/pdf/index_bookmark_30.pdf?cid=WHP001

上記のURLをクリックすると、その2ページ目の下あたりから「保険金をお支払できない主な場合」という欄があります。

ざっくりとですが解説しますと、

対人・対物賠償・・・自分や家族には出ない。自分の物や家族の物には出ない。
搭乗者・人身傷害・・・故意や重大な過失の場合、無免許や飲酒等の場合は出ない。

実際には「家族」には誰が含まれるのか?とか「重大な過失」とは何か?といった疑問があるかと思います。

「家族」には誰が含まれるか

「家族」には誰が含まれるかについては、「重要事項説明書」に記載があります。

  • 記名被保険者
  • ご契約のお車を運転中の方またはその父母、配偶者もしくは子
  • 被保険者の父母、配偶者または子

ですので、兄弟姉妹は賠償の賠償になります。ただし、その兄弟姉妹が「被保険者」になっている場合は賠償の対象から外れます。

そのあたりは非常にわかりにくいので、ご自身が加入している保険会社に確認なさってみてください(ちなみに、このあたりの知識に関しては代理店もよくわかってないケース、間違って覚えているケースもありますので要注意です)。