タクシー乗車中に事故に遭う場合があります。乗車中の事故は大抵の場合、相手の自動車もあるのですが、その場合、民法で言う「共同不法行為」(民法719条)が成立します。

そのような事故で乗車中のお客さんがケガをしたら、誰に損害賠償請求したらよいのでしょうか? パッと思い浮かぶのは、乗っているタクシー側ではなく、事故でぶつかってきた相手の車、ではないでしょうか? 

実務上は、過失の大きいほうの車の保険担当者(あるいは事故係)が窓口になります。わかりやすい例で説明しますと、

A車(タクシー。あなたが客として乗車中):優先道路を走行
B車:一時停止を無視して交差点進入

上記A車とB車が出会い頭に衝突した事故の場合、ざっくりとではありますが、過失割合は、A2:B8とか、A1:B9となります。(標準的な事故のケース)この事故の場合は、通常はBの保険会社が窓口になって、タクシー乗車中のあなたに賠償の件について連絡してきます。

ところが、実際には「共同不法行為」が成立する事案ですから、Bだけではなく、Aのタクシー会社にも損害賠償を請求することができるのです。

これはどういうことかと言いますと、一番わかりやすいのはBが無保険だった場合。この場合、あなたが乗車していたAのタクシー会社に損害賠償を請求すれば良いということです。

他にも考えられるのは、後遺障害が残るような大けがをした場合、自賠責保険の被害者請求を活用して両方の車の自賠責保険に請求するということ。もちろんそれは2倍の損害賠償を得られるということではないのですが、早い段階で確実な賠償を得ることができます。

任意保険の場合、示談しなければ保険金(賠償金)は振り込まれませんが、自賠責保険に被害者請求した場合には、示談を待たずに損害額が確定した段階で賠償金が振り込まれます。ですから、その振り込まれたお金を使って弁護士の着手金などに充てることができる、というメリットがあります。

この「共同不法行為」の事案は、通称「ダブルポケット事案」と呼ばれています。

このダブルポケット事案、保険会社は教えてくれませんし、保険代理店も知らないことが多いので要チェックです。(弁護士も忘れることがあります)